1. HOME
  2. レポート
  3. 親子パックラフト&SUP|6/28(日)

REPORT

レポート

親子パックラフト&SUP|6/28(日)

前日は大雨でしたが、当日は予報に反して晴れ!暑い川遊び日和でした。

 

ガイドチームの説明を受けて、早速川へGO!

今回は8家族20名のご参加。パックラフトに加えて急きょSUPも登場です。

 

 

初挑戦もすぐに乗りこなせるように!

 

水量がやや多めでしたが、穏やか。のんびりスタートです!

 

親でもない、先生でもない、友達でもない、僕らの役割

 

普段はお子さんだけ預かって実施するプログラムが多いのですが、今回は親御さんが近くにいるので、授業参観のような気恥ずかしさ。

 

意外だったのは、いつもよりも「ちょっとお母さん!これなんとかしてよー」という感じが多い!

微笑ましいような、お母さん大変やなぁ〜と少し気の毒なような…

 

そして、子どもたちいつものアースレンジャーでは、自分でどうにかする!とがんばってくれているんですね。

 

 

そんな様子を見ていて気づいたのは、

親でもない、先生でもない。かといって、同世代の友だちってわけでもない…

「斜めの関係」に居れるのが、僕らのいいところだなぁということ。

 

ちょうど、近所のお兄ちゃん的な立ち位置。

 

親が言っても、
「どうにかしてくれる」と甘えられてしまったり、反発して聞いてもらえないことも、

僕らとだったら、
「やってみー!」と待てるし、少し離れられるし、「まあれおが言うなら」と聞いてもらえる。

 

そんな便利なポジション。

 

子育て中のお父さん、お母さん、僕らをうまく使ってください!

 

高学年や思春期前半の気難しいタイミングや、ちょっと親から離してチャレンジさせたい年長さん〜低学年くらいのタイミング、どのタイミングでも便利な存在として役に立てそう。

地域のコミュニティや、親戚や年齢の離れた兄弟と関わりが減っている中で、僕らのような「斜めの関係」のポジションは、親御さんにとっても、お子さんにとっても便利な存在となれるはずです。

 

そんなことを考えた1日でした。

 

次回の親子アウトドアアクティビティは、

親子でSUP のんびり無人島へGO!

すでに満席のご予約をいただいています。

 

今回よりも少し、親御さんと子どもチームと離れてみてもおもしろいかも…と考え中です!

 

野田れお

 

 

EVENT REPORT

イベントレポート