1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ1年を振り返る

コロナ1年を振り返る

コロナと付き合い始めて1年くらい

まずは、誰しも「無関係」では居られないこの状況下で、状況の改善に取り組まれているすべての方に敬意を表します。

感染による後遺症や、今なお感染されて苦しんでおられる皆様、この感染症によってお亡くなりになった皆様にお見舞いを申し上げます。

さて、ぼくら国際自然大学校福岡校|FREE CAMPがこのコロナ禍において、

どう向き合ってどんなことができたのか?何ができていないのか?

振り返っておこうと思います。

まだ続きそうなこの状況を、みなさんと乗り越えて行けたらいいなぁと思っています。

■ 1年前、最初に決めたこと

一斉休校に伴って、昨年の3月のアースレンジャーは中止順延を決定。
毎週の学生スタッフ研修もオンラインでの実施となりました。

ここで大人が何をするか、どう振舞うかは、子どもたちに見られている…!

1年前、2020/3/6の学生スタッフ研修の資料

どうせなら、大人っておもしろいなぁー!楽しそうだな。早く大人になりたいなぁーって思ってほしい。

そう考えて、

  • ぼくらの周りの人に必要とされること
  • ぼくらができること(できれば得意分野)
  • 楽しみながらやる!

という方針で動くことを決めました。

■ やったこと・やってみたこと

実施にたどり着かなかったことも含めると、
とてもたくさんのアイデアが検証し、試されました!

特に4,5月の完全にプログラムが実施できない期間は、かなりもがき苦しみましたね…苦笑

それでも、ZOOM前に毎朝集まって、一緒に宿題するだけの「宿題タイム」は、毎回15〜20名くらい集まってくれて、そこで繋がれるだけで嬉しかったです。

▼ZOOM 宿題タイム(4,5月 外出自粛期間中)

同じくZOOM企画の、世界各国にいる友人・知人とつないでいろいろ話を聞く企画は、京都から始まり、ドイツ、アメリカ、台湾…と続き、やっている僕が一番楽しかったかもしれない。

▼ZOOM 世界を旅するオンライン(4,5月 外出自粛期間中)

「ぼくらの時間、90分くらい貸します」企画は、現在も実施中です。
雪の降った翌日に急きょ雪遊びをしたり、毎週の学習サポートも続いています。
先日は、私学に通う2年生の子が、来年度からの1人登下校を目指して、1人で学校から帰ってくる練習のお手伝いをしてきました。

ぼくらの時間、90分貸します リアル版

感染の再拡大に伴い、中止になってしまった冬休み。帰省ができない家庭も多いのでは?!と言うことで、正月元旦から自転車で年賀状を配る企画も、楽しかったです!

年賀状 ちゃりでお届け

こうみると、「楽しみながらやる!」は結構できていますね!

日の目を見なかった、アイデアもたくさんありました。

■ 中止したこと・できなかったこと

  • 2020年度3月ラストの年間プログラム
  • 4月〜7月の年間コース
  • 毎年恒例 夏の五島列島 無人島キャンプ
  • スキー・雪遊びプログラムすべて
  • 1~2月の食関連のプログラム

特に、4〜7月の年間コースの中止は、その時点で年間予算の1/2の返金という事態。経営的にもかなり悩みました。

夏キャンプは、スタートの3日前まで「すべて日帰りに変更」するか判断を待ち、結果的に宿泊も実施しました。
実は直前まで、何種類もの日帰りプログラムが同時並行で準備されていました!

スキー・雪遊びの中止は、GOTOキャンペーンに絡めていた煽りを受けたところもあり、やはり国や行政の予算に頼ってはいけない…という教訓にも。

どの中止判断も、今振り返っても、妥当だった、仕方がなかったと思えますが、それでも楽しみにしていてくれた子の期待を裏切ったことは心が痛いです。

コロナ1年、まとめ

改めてリスト化すると、できなかったこと(中止したこと)は、とても多かったし大きかったですね。

ただその分、何かやろう!と、もがくことはできた!と思います。

ただし、課題解決にはまだまだ。

▼できたこと
楽しみながら、僕らにできることを模索し続けること。

▼できていないこと
コロナ禍でも(コロナがどうなっても)持続可能に活動を続ける仕組みにすること。

やれる!と踏んで募集したのちに、中止にしてしまい、がっかりさせるような事態。

コロナ2年目、次年度に向けて

基本方針は変えず、

  • ぼくらの周りの人に必要とされること
  • ぼくらができること(できれば得意分野)
  • 楽しみながらやる!

を模索していきます。

まだまだコロナによる影響が続きそうですが、ここで大人が何をするか、どう振舞うかは、子どもたちに見られている…!

おもしろい大人の姿を子どもたちに見せられたらなぁと思います。

年間コースのアースレンジャーは、

少しコロナ仕様にアレンジし直しています。

単発で参加できたり、支払いも月々とし、状況の変化に柔軟に対応できるように…。少人数の高学年コースへのチャレンジも。

未解決の課題にも少しずつ、あらがってチャレンジしていきます!

ぜひお付き合いをお願いします。

野田隆太(れお)

これもおすすめ

スキーで「気をつけていること5つ」子育てのヒントが?!

関連記事